「青汁」の原材料としてはそれほどポピュラーではありませんが、「クロレラ」という原材料も、様々な効果が期待できる、すばらしい食品です。こちら、クロレラ科クロレラ属の緑藻類で、いわゆる海藻のことです。

一般的には、薄毛で悩んでいる方の強い味方というイメージがあるでしょうか。クロレラのシャンプーやリンスなど、よく耳にしますしね。
クロレラには、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどが豊富に含まれており、ビタミン系の王様のような原材料といえます。

このクロレラの「青汁」は、飲みやすさでいうとケールよりも飲みにくいかもしれません。
ですから、粉末を水で溶かして…というよりは、錠剤タイプの「青汁」として売りだされている傾向があります。
クロレラの効能としては、便秘解消、肌荒れ改善、ダイエット効果などなど。女性が困っているような症状を改善する効能があります。鉄分も多く含まれていますので、貧血にもいいですし、ダイエットをしている女性に、とてもおすすめな「青汁」となります。

ちなみに、そのまま粉末を溶かして飲むことももちろん可能ですが、やはり味が独特すぎて飲めない方がたくさんいらっしゃるので、販売形式は錠剤型のものが多いです。

しかし、粉末を溶かして飲むことにより、胃腸を守るという効能がとてもよく発揮されるので、錠剤タイプを飲み続け、胃腸の不愉快を感じる場合は、鼻をつまんででも粉末を水に溶かして飲むことをおススメします。