青汁に含まれる酵素は、私たちの体を活性酸素から守ってくれます。生野菜やフルーツは、ビタミンやミネラルが豊富ですし、その上、生きた酵素が入っていますので、効果は覿面です。酵素は、消化を助けてくれて、胃腸にもいいのです。

ただ、この酵素は48度以上に加熱すると死んでしまいます。だから高熱の加工が必要なサプリメントでは十分に摂れない面もあります。できれば生の食品から、自然に取り入れたいですね。

ケールや明日葉、大葉や緑茶などの葉には優れた酵素、そして栄養素が含まれているものの、そのままで飲むと味が苦いために、フルーツと混ぜたり、豆乳やはちみつをいれたりしますが、それらの組み合わせが悪いと、大事な酵素やビタミンを壊してしまうこともあります。

まずは、そのまま食べるというのが基本で、その後、問題の無い程度に果物などをミックスしてみます。美味しく続けられることが大事な人は、大切なビタミンCを壊さないようにするために、酸のものと一緒に食べたり、摂取するとより効率のよい、栄誉補給ができることでしょう。

サラダで食べるときにも、一緒の食べ合わせを工夫してみると、栄養のバランスが良くなるし、しかも体にしっかり吸収されてお得です。