ビタミンCは、ケールほか他の青葉に含まれる主要な栄養分ではありますが、体のなかで蓄えておくことができないビタミンです。
そして残念なことですが、体の中の代謝、そしてストレスなどを感じるとどんどん消費されてしまい、また過度に摂った場合、必要のない分はすぐに体外に排出されます。

だから一気にビタミンCを摂取したとしても、あまり意味がなく、定期的にコツコツ摂取することが正しい方法です。

ちなみに青汁の原料であるケールはその豊富なビタミンCで知られているのですが、他の野菜や果物と一緒にジュースにすると飲みなるかわりにビタミンCが壊れてしまうことがあります。例えば、人参やりんごは、ジュースを飲みやすく、甘くしてくれますが、それらに含まれるアスコルビナーゼという物質はビタミンCを壊してしまうのです。ビタミンCは、サプリメントなどで気軽に摂取できますが、せっかく青汁で大量にとれるというのに勿体ないですね。

とくにアスコルビナーゼは、生食でもっとも活性化しますので、できれば熱や酸を加えるといいでしょう。柑橘系の果物と一緒に混ぜれば、この酵素の働きを弱めることができます。レモンとかオレンジも一緒に加えてみましょう。