明日葉は八丈島原産の野菜で、古い時代から健康食品として島民の方に親しまれてきた野菜です。
明日葉の名の由来は、摘んだ翌日に、もう新しい芽が出ていることから来ていて、大変な生命力のある植物といえます。

そんな明日葉を使った「青汁」も、ケール、大麦若葉に続く、とてもポピュラーな「青汁」の一つです。
味は比較的飲みやすいのですが、少々価格は高めかもしれません。

明日葉の中には、各種ビタミン、ミネラル類、食物繊維など、健康には欠かせない成分がたくさん含まれていますが、中でもカリウムがケールを上回る量、含まれていることが特長です。

効能は、むくみ防止や、体内にたまった余分な水分や老廃物を体の外に出してくれる効果があるので、ダイエットにも、とても効果が期待される野菜です。

他にもたくさんの成分が含まれていますが、最近この明日葉が注目されているのが、明日葉の葉などを切った際に出てくる黄色のねばねばした液体にあります。このねばねばした液体は、ポリフェノールの一種で、カルコン、クマリンなどと呼ばれているものです。

カルコンは明日葉特有の成分で、老廃物の排出を促す動きがアンチエイジングに大変効果的であり、また、この成分は生活習慣病の予防にもつながる成分も含んでいます。またクマリンは、アルツハイマー病予防にも効果があるとされていて、明日葉は全世界から非常に注目されている野菜なのです。